Dental Services

 

歯髄

歯髄歯科

歯髄治療は歯髄-歯の中の神経や血管などの組織に問題が起きた時の治療です。歯のダメージ、例えば歯が欠ける・深い虫歯は神経や根管に影響することがあります。歯髄ダメージは、痛みを伴う腫れや顎骨へのダメージにもつながります。放置しておくと歯の欠損・抜歯という結果をもたらし兼ねません。

今日、技術の進歩により医師は根管治療を行い歯の神経や血管の保護をします。

歯髄治療の利点

  • バクテリア感染の除去
  • 痛み除去
  • 歯組織や骨などへの感染予防

歯髄治療処置

Step 1
Root Canal Tooth Preparation
Step 2
Cleaning of Tooth Root
Step 3
Root Filling
Step 4 & 5
Post, Core and Crown
  1. 治療査定の準備
    • a 歯の形や歯髄の感染具合をみるため小レントゲンをとる
    • 感染した部分に麻酔を投与
    • 損傷した歯髄そ除去するための管づくり
  2. 根管と歯髄間の洗浄
    • 根管の感染が完治するまで洗浄は数回行われます
    • i時には感染予防または殺菌のため薬を投与する場合もあり
  3. 根管フィーリング
    • 根管チェック、洗浄後、フィーリングします
  4. ポストと芯
    • 根管治療後の歯はとても敏感です。クラウン前のポスト・芯を取り付ける治療は根管の抵抗力が回復してから行われます。
  5. 適切な口腔ケアーと一般診察が歯の健康を保持します。

歯髄治療の主な目標は根管システムが治療をうけつけ、組織の健康維持が可能な状態をつくりあげることです。成功した処置とは菌の除去と管が完全に埋められた状態です。

At私たちのクリニックでは最新機械 Endomate unit と Root Apex locator を利用しより良い治療、成功率を高めています。

回復の可能性

治療完了後、最初の数日間は天然組織の炎症により過敏に感じるかもしれません。処置前に痛みや感染があった場合には特に過敏に感じます。この敏感や不快感は通常では店頭販売されている鎮痛剤で抑えることができます。

クラウンのためのポストケアー

U根管処置が完全に終わった後、修復前の歯で噛む回数を減らすため、フィーリングまたはクラウンをお勧めしています。この肯定は再感染を防ぐ上、壊れやすくなった歯を保護します。

口腔健康ケアーに関しては、歯磨き・フロスを通常通り行い、標準期間で診断を受けて下さい。