歯科インプラント

インプラントは歯根の取替えです。インプラントはあなたの自然歯と合うように入れられた人工歯の強い土台をつくりあげるものです。また、インプラントは人間の身体に受け入れられた生物、ニュートラルピュアチタンから作られているため、歯入れ替えの安全な土台どして使用できます。

  • 従来インプラント
  • 即時インプラント& 早期負荷インプラント

 

歯科インプラント種類

わたしたちクリニックで可能なインプラントは基本的インプラントの2種類があります。

従来インプラント

C従来インプラントは1つまたは1つ以上、すべての歯を失った方すべての人に使用できるタイプです。

即時インプラント

即時インプラントは1日インプラント・同日インプラントとしても知られています。これは、抜歯した後にすぐ取り付けられるタイプです。

早期負荷インプラント

早期負荷インプラントは、外科的インプラント手術をts.行った後にクラウンまたはブリッジを取り付けるのに使用されるタイプです。

インプラントの種類は患者様の歯の状態や必要性などから適した種類を選択します。パノラマレントゲン・CTスキャンなどを使用し、骨の状態、インプラントを埋める隙間があるかを診断します。

 

現在、多くのインプラントシステムが存在し、利用が可能です。中でも有名なシステムはITI Straumann と Nobel Biocare インプラントシステムです。両社とも歯科インプラント分野では歴史があり独自の領域を広げています。

歯科インプラントの利点

  • 自尊心・生活質の向上
  • 大きさが減少され、ブリッジ・義歯機能を持ち、より自然
  • ブリッジをつくるのに接した歯を削る必要なし
  • インプラントの硬質ポストが咬力を増しどんな物でも食べられる
  • 義歯に比べ話やすい
  • 義歯のような取り外しがないため快適
  • 欠損歯の予防・骨のサポート
  • 見た目の若さ表情を良くする
  • 口腔健康の改良
  • 耐久力-インプラントは非常に耐久力がある
  • 義歯のように口から突然外れる心配がなく恥をかかない

歯科インプラント修復タイプ

一はの欠損

一歯インプラント の修復は3つの部分から成り立っています。即ち歯根部に保持するインプラントポスト・クラウンのサポートをする支台・そして補綴クラウンです。クラウンは支台にセメントでつけられるかネジでとめられます。

 

現在、多くのインプラントシステムや、モデルがあります。患者様それぞれに必要に応じて選ぶことができます。

 

一歯インプラントとクラウンは最も永続性のある修復です。見た目・機能どちらの面でも自然歯のように修復されます。

複数歯の欠損

複数の歯がそれぞれ違う部分で欠損している場合は一歯インプラント が良い修復方法です。
 

もし、複数の歯が同じ並びで欠損している場合は少数のインプラントで修復が可能です。自然根よりインプラントが強力なためです。これはブリッジとりつけも含まれます。

 

インプラントブリッジ はインプラント上に取り付ける以外は従来のブリッジによく似ています。インプラントその物は人工根として機能します。インプラントブリッジの良い点は従来のブリッジのように他の自然歯に負担をかけなくて済む点です。

すべての歯の欠損

すべての歯が欠損またはすべての歯を取り替えなければならない状態には、2種類のインプラント修復を選んで頂きます:

  1. インプラント固定ブリッジ
  2. インプラント支え義歯

インプラント固定ブリッジ. 現代の技術では前口部をインプラントとブリッジで置き換えることが可能です。永続的で安定していて見た目の美容効果もあります。

 

インプラント支え歯. インプラント治療は完全な義歯(全義歯)と部分義歯を可能にします。はずれ出る心配はいりません。インプラントの支えを使用する義歯は、義歯の土台がより小さく快適にします。全義歯は、ネジのついたインプラントを顎に取り付けそこに付けられた金属棒が義歯の取り外しを支えます。